So-net無料ブログ作成

本のクリーニング実習 [大学]

先日、本のクリーニングについての授業を行いました。
本の構造、部位の名称などの説明をした後、
大学図書館に行って実習。

事前に司書の方々とどのあたりの本がとくにクリーニングが必要か
など打合せをしておきました。
図書館の本を授業のためにお借りするので、打合せは大事です。

当日の様子は、大学のブログに出ていますので
是非、ご覧になってください。

「修復保存3年生:紙作品修復ー大学の図書館の本をクリーニング」
https://yokohama-art.info/blog/wp/2018/11/09/arc/15247/

紙作品修復というのは、紙が支持体のものと言う意味で
版画・ポスターなどだけでなく、本も対象になります。
限られた時間の中で修復の基礎の基礎をお話し、実習を通して
体験してもらうという1年ですが、
すこしでも、修復というのはこういうものをやるんだなって
知ってもらえるように授業をしています。

クリーニングだけでなく、本についてのご相談も
お受けいたします。
お気軽にご連絡下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

非常勤職員の募集(外交史料館) [求人情報]

外交史料館で史料補修業務を行う非常勤職員を募集しています
締め切り間近です。

以下HPより(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page4_004457.html

1 業務内容
 所蔵史料の補修に関連する業務

2 勤務場所
 〒106-0041
  東京都港区麻布台1-5-3
  外務省外交史料館

3 応募資格
(1)応募に際しては,以下の項目を参考にして下さい。
ア 史料(主として和・洋紙)修復技術を国内外の専門学校で履修もしくは,修復工房で習得し,かつ修復の見識を有していること。
イ 修復の実務経験があること。 
ウ パソコンの操作が充分にできること。
(2)なお,次のいずれかに該当する者は応募できません。
ア 日本国籍を有しない又は外国籍を有する者。確認のため戸籍謄本の提出を求めます)
イ 成年被後見人,被保佐人。
ウ 禁錮以上に刑せられ,その執行の終わるまで,またはその執行を受けることがなくなるまでの者。
エ 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。
オ 日本国憲法施行の日以降において,日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,又はこれに加入した者。

4 採用予定人数
 1名

5 採用形態
 非常勤職員の国家公務員として採用

6 勤務日,勤務時間
 週3日(勤務日数については応相談)
 9時30分から18時15分まで(昼休み12時30分~13時30分)
 基本的に時間外勤務はありません。

7 任期
 平成31年2月1日より平成31年3月31日まで(更新なし)

8 給与・交通費
 外務省規定により支給します。

9 社会保障
 雇用保険に加入します。

10 応募方法
 応募を希望される方は,平成30年11月16日(金曜日)《必着》までに下記の担当者まで履歴書1通(写真貼付。携帯電話番号,メールアドレスがあれば記載)を送付して下さい。同時期に他業種の公募も行っている場合もあるため,履歴書備考欄及び封筒の宛名横に「非常勤職員(補修)応募」と必ず御記入ください。
 なお,送付いただいた履歴書はお返しできませんので,あらかじめご了承願 います。

11 選考方法
 書類選考合格者に対してのみ連絡の上,面接試験を実施します。
 面接日時は調整の上,担当者よりご連絡いたします。

12 履歴書送付先
 〒106-0041
  東京都港区麻布台1-5-3
  外務省外交史料館総務室
  担当:村岡
  電話:03-3585-4511
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog