So-net無料ブログ作成

かりばりKaribari [日記]

8月です。
暑い日が続き、クーラーを止めることができません[あせあせ(飛び散る汗)]

ここ数年、海外の方から「かりばり板」について質問が多くなりました。
というのも、仮張りの使い方・作り方のワークショップをやるようになった
ためなのですが。
 
かりばり板とは、襖や屏風と同じように杉の角材を格子状に組んで芯として
その表裏に丈夫な和紙を何層にも張り重ね、表面に柿渋を塗って仕上げたものです。
大きさはさまざまで、裏打ちした紙や裂を一時的に張りつけ、平らに乾燥させるために
使用するものです。
Karibari means drying board. This board has a lattice framework made of cedar.
This is applied the strong Japanese papers in 7 to 10 layers.Finally the board is
coated with fermented persimmon juice.

karibari.JPG

伝統的な表具の技術ではありますが、修復作業にも使用するものです。
波打ちが起きた作品を平らにしたり、裏打ちを施せば仮張り板に張りつけ乾燥させたり。
紙修復と表具の技術は切っても切れない関係です。

今年も海外で仮張りについて説明する機会をいただきました。
何度やっても何か不充分な気がしてしまうのですが、今回も
とにかく頑張ります。
さて、準備。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。