So-net無料ブログ作成

和書の綴じ方(綴葉装) [作品]

20181022_150824.jpg

綴葉装(てっちょうそう)と呼ばれる綴じ方

平安時代末期頃、日本で独自に発達したとされる綴じ方。
二つ折りにした紙を10枚前後重ねた束をを2折以上合わせ、
内側で糸を結び綴じた装幀方法で、列帖装とも呼ばれています。

日本独自で発達と言われていますが、近年中国でも
似たような綴じ方をした冊子本が発見されたようで
この説も変わるかもしれません。






nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 1

girasole

はじドラさん、
middrinnさん、

nice!ありがとうございます
by girasole (2018-11-10 11:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。